FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スクリプトアップグレードモード

いまさらかもしれませんが、

SQL Server 2008 R2 の SP2 用の累積的な更新パッケージ 3

を適応したあと、

SQL Server 2008 R2 Management Studio にログインしようとすると

下記メッセージでログインできませんでした。


ユーザー 'loginname' はログインできませんでした。

理由: サーバーがスクリプト アップグレード モードです。

この時点では管理者だけが接続できます。

!!なんだこのメッセージ。


やべぇやべぇと思いながら調べてみると。

理由はここに。。
http://blogs.msdn.com/b/jpsql/archive/2011/12/07/10242788.aspx


しばらくするとログインできました。。。


かなり焦った。

助かった。。。

別の話だけど最近、MSサポートのページとかすごく重い。
というかたまにつながらないこともある。(やり直せば繋がったり。)

デザインが最近今風な感じになってからだと思う。
私のブラウザが悪いのかな。
スポンサーサイト



データーベース圧縮

DBCC SHRINKDATABASE(DB名)

ディスク残容量が少ない状態で、DBのメンテナンス
をする場合、こまめにこのSQLを実行しています。

古いサーバーのデータベースメンテナンス時には
よく使っています。

夜間の自動バッチ処理などでDBのUPDATE・INSERTなど
をゴリゴリ実行する場合は、

バッチ処理時のSQLスクリプト内に
最後にこの1文をつけておけば、

データ量量を圧縮することができます。

ディスク容量不足解消には必須のコマンドですね。

昨今、大容量のディスクが流通しているので容量不足
でトラブル!なんてことは少なくなってきているかも
しれませんが、

DBのチェックはこまめに実施して未然の障害など
防げる場合もありますからね、やっぱり。

おすすめのSQL教本です。中級者~

達人に学ぶ SQL徹底指南書 (CodeZine BOOKS)

新品価格
¥2,520から
(2011/7/12 12:39時点)




初心者から

SQL ゼロからはじめるデータベース操作 (CD-ROM付) (プログラミング学習シリーズ)

新品価格
¥1,974から
(2011/7/12 12:40時点)






IE8

セキュリティで保護された Web ページ コンテンツのみを表示しますか?

IE8を使っていると度々POPされるメッセージ。

出さなくする方法。

IE8のツールバーから、

ツール

インターネットオプション

セキュリティ

レベルのカスタマイズ

「混在したコンテンツを表示する」を「有効にする」
にポチっと変更

適応してOK。

これでスッキリ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへブログランキングブログランキング【くつろぐ】



SQL Server のライセンス

SQL ServerのDBを利用したクライアント&サーバシステム
を構築するなかでSQL Serverの必要なライセンスについて
調査することがあり、面白い記事なると思ったのでブログ
で報告マムー。


構築するシステムのクライアント台数は50台を想定。

ライセンス体系には、以下とおりあるようです。

【プロセッサ ライセンスで購入】
 SQL Server が動作するハードウェア上の物理プロセッサごとに、
 プロセッサ ライセンスを購入します。たとえば、2 つのプロセッサ
 が搭載されているハードウェアの場合、2つのプロセッサライセンス
 を購入します。プロセッサ ライセンスを購入した SQL Server には、
 無制限のユーザーまたはデバイスが接続することができます。

【サーバー/CAL で購入】
 SQL Server が動作するサーバー数分のサーバー ライセンスを購入
 します。また、SQL Server にアクセスするユーザーまたはデバイス
 の数だけの CAL も購入します。CAL を購入したユーザーまたはデ
 バイスは、社内の複数の SQL Server にアクセスすることができます。
 つまり、SQL Server が動作するサーバーを追加した場合でもサーバー
 機用に SQL Server のサーバー ライセンスを追加購入するだけでよく、
 サーバー機の追加の際に別途 CAL を購入する必要はありません。

<引用URL>
http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/howtobuy/default.mspx

CPUライセンスで購入した場合、クライアント台数が増えたとしても
追加でライセンスを購入する必要はありません。

デバイスCALやユーザーCALで購入する場合は、追加の際には都度
ライセンスが必要。

デバイスCALは端末にライセンスがつくので、デバイスCALを持つ端末
に対しては誰でも、SQLServerの操作や閲覧ができる。ユーザーCAL
の場合は人に対してライセンスが有効になるので、ユーザーCALを持つ
「人」(ユーザー)は、どの端末でもSQLServerの操作や閲覧が許可
される。

上記サイトを見ているとそう理解できた。

う~ん。

これって

どちらのライセンスが有効なのかは、システム毎の用途により
ますね。ライセンス有効な端末なら誰でも利用できるという点
からデバイスCALの方が効率が良いような気もしましたが。

でも、そもそも

CPUライセンスがあれば、クライアントライセンスなんて考え
なくてもいいじゃない。

でもサーバー/CALより、相当高価らしい。

物は試しに金額を販売代理店に見積ってもらいました。


・SQL Server StdのCPUライセンス 大体65万円くらい。

・SQL Servrt StdのデバイスCAL 1CAL 2万円弱。
 ⇒サーバーライセンスは10万弱

あ、

CPUライセンス買おう。

即決でした。

クライアント台数50台を想定しているので

単純計算すると

CPUライセンス
 65万

サーバー/CAL
 CAL2万×50
 10万(サーバーライセンス)
 ⇒計110万

悩んで損した。

CPUライセンス買おう。。

・・・。。。

ちょっとまった!

CPUライセンスは、

>たとえば、2 つのプロセッサが搭載されている
>ハードウェアの場合、2つのプロセッサライセンス
>を購入します。

と、ガイドに書いてある。

今、想定しているサーバーは2CPUなので

CPUライセンス2つ買わないと。

げっ130万になってCPUライセンスの方が
高くつく結果になるがな。

これってQuadCoreとかになったら
どうなるのだろうと思って、

マイクロソフトに問合せました。

すると、1物理CPUにつき1CPUライセンス必要と
言われた。

言い回しが微妙だったので

CPU1ソケットにつき、1個ですか?と聞き返したら

YES。

とのこと。

クアッドでもデュアルでも、ソケットごとに
なんだ。。

イニシャルのコストを抑えたい私は、

2CPU(デュアル)のサーバーを

1CPU(クアッド)のサーバーに変更。
さらにクアッドのCPUを1番良い性能の
ものに。

こうすればスマートになる!

はずだ。

人気ブログランキングへ



REPLACE関数

Microsoft SQL Server 関数の紹介

今日は、簡単に「REPLACE関数」について
紹介します。

簡単にと言いましたが、SQLデータベース管理者
にとってはかなり重宝する関数だと思います。

特定の文字を任意の文字に変換してくれるんです。

例えば、火曜日というものを水曜日に変換する
という場合は

REPLACE(日付,'火曜日','水曜日')

とすれば火曜日という文字列があった場合は
水曜日に変換されます。

これって、完全一致していなくても
REPLACE(置換)してくれるので

うまか棒辛し明太子味3個
うまか棒コロッケ味5個
うまか棒マヨネーズ味6個
うまか棒チーズ味3個

REPLACE(品目,'味','風味')



うまか棒辛し明太子風味3個
うまか棒コロッケ風味5個
うまか棒マヨネーズ風味6個
うまか棒チーズ風味3個

と変換してくれます。

是非活用してみてください。


Written by マムー


プラチナ会員目指す!



8年目SEの独り言。マムーな感じ。

人気ブログランキングへ

楽天カードの勧め♪
おすすめ商品
最新記事
カテゴリ
リンク
Rakuten
満員御礼祈願♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。